<< 窃盗罪01 | main | 報酬等に係る源泉徴収 01 >>
保釈01
 刑事施設に収容され刑の執行が開始された後に保釈保証金を没取することができるか?

刑訴96条3項,規則91条1項2号
最決H21/12/09 判タ1333号118頁

事実関係は次のとおりです。

4月1日,A,窃盗の実刑判決が確定
 検察官が呼び出しをするも,Aは正当な理由なく出頭しない
 検察官が所在調査をしたが,Aは制限住居に住んでいない
8月10日,検察官は保釈保証金の没取を請求
8月14日,Aは身柄確保され収容される
9月9日,東京簡裁は,保釈保証金500万円のうち300万円を没取
 A側が東京高裁に抗告,その後,最高裁に特別抗告

「刑訴法96条3項は・・保釈保証金没取の制裁の予告の下,これによって逃亡等を防止するとともに,保釈された者が逃亡等をした場合には,上記制裁を科することにより,刑の確実な執行を担保する趣旨」「・・刑事施設に収容され刑の執行が開始された後であっても,保釈保証金を没取することができると解するのが相当である」

問題点は,刑訴法96条3項は「判決が確定した後・・出頭しないとき,又は逃亡したときは・・保証金の全部又は一部を没取しなければならない」とあるのみで,その時期的限界が明確でなく無制限に没取できそうにも読めます。しかし,規則91条1項2号は「被告人が刑事施設に収容されたとき・・没取されなかった保証金は,これを還付しなければならない」とされているので,刑事施設に収容されたときまでに没取されなかった保証金は没取できないのではないかとも解釈されることにあります。

非常に争いのある部分だったのですが,この最高裁決定によって解決されたと思います。

また,本件は,被告人の収容前に検察官が没取請求している事案であり,被告人が収容された後に検察官が没取請求することができるかは判断されていません。通常は,被告人が収容されれば直ちに還付されてしまうので,その後に没取ということはありえないわけですが,何らかの理由によって保証金がそのままになっている場合には,ありうる論点です。
| 法律/刑事 | 10:06 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.masayakoji.com/trackback/872997
トラックバック