<< 民事再生 担保権消滅制度01 | main | 過払金返還請求01 >>
携帯電話会社に対する発信者情報の開示請求
 ブログへ名誉棄損・信用毀損の書き込みが携帯電話からあった場合,その携帯電話会社に対して発信者を特定するための情報(氏名,住所等)の情報開示請求をすることは可能か?

特定電気通信役務提供者法2条3号,4条1項など

判タ1305号193頁

東京地裁平成20年9月9日判決・発信者情報開示請求事件

名誉・信用毀損を認めた上で,違法性阻却事由もないとし,本件発信者の氏名,住所等の開示を求める正当な理由があるとしました。
仮処分を経た上で本件訴訟となっているようです。ちなみに本件主文は「被告は,原告に対し,別紙発信者情報目録記載の情報を開示せよ」となっています。

現代のインターネット時代において,そしてブログが重要なアスセス・アップの手段となっている現状においては重要な裁判例だと思います。
| 法律/民事 | 20:32 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.masayakoji.com/trackback/872980
トラックバック